債務整理後も家を残しておきたいです。個人再生ならそれが可能だと聞きましたが本当でしょうか?

  • Pocket
  • LINEで送る

参照元: 千葉の弁護士に債務整理の無料法律相談 みどり総合法律事務所

家を持った女性

住宅資金特別条項を定める個人再生手続きを利用すれば、住宅以外の債務については個人再生手続によって圧縮し、住宅ローンについては従前通り返済を継続するということができます。この制度により住宅を残すことができます。

圧縮して減額されるのはあくまでも住宅ローン以外の債務なので、住宅ローンの残高や返済額は変わらない点に注意が必要です。住宅資金特別条項の適用対象となる住宅ローンについては、建設もしくは購入に関する資金で、分割払いの定めが必要となります。

また住宅に対して住宅ローン債権者または保証会社によって抵当権が設定されていること、不動産に住宅ローン以外の抵当権が設定されていないこと代位弁済から6ヶ月以内に民事再生を申し立てることなどが適用の条件になることも留意してください。

千葉で弁護士をお探しなら みどり総合法律事務所

千葉の皆さまの一番身近な法律事務所を目指して
【みどり総合法律事務所】

民事事件全般から家事事件、刑事事件に至る法律問題全般を取り扱っております。
夜間・土日祝対応|債務整理に関しては初回法律相談無料
無料法律相談の詳細を見る(http://www.midorisogo-law.com/)

  • Pocket
  • LINEで送る