どのようなケースなら離婚が認められるのか、教えてください。

  • Pocket
  • LINEで送る

参照元: どんなときに離婚が認められるの?| 横浜で離婚の相談ができる弁護士

離婚届と印鑑

まず法で定められた範囲を確認しましょう。次の5つが離婚事由として認められます。

1)不貞行為があった場合
2)悪意の遺棄があった場合
3)3年以上生死不明の状態の場合
4)配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがない場合
5)その他婚姻を継続し難い重大な事由がある場合

――この通りです。「悪意の遺棄」という部分が少しわかりにくいかもしれませんが、これは度を過ぎたニグレクトや、家庭の放置などを指します。また、「その他婚姻を継続し難い重大な事由」というのも、少々アバウトですが、この項目には非常にたくさんのケースが含まれ得ます。たとえば、過度の性交拒否も、この一部です。暴力や暴言による婚姻関係の破たんも、認められます。その程度によって「慰謝料」を得ることも、また可能です。

ただしこれは、裁判離婚の道を歩むという場合での例です。夫婦間での話し合いで離婚という選択をする際には、お互いの意思に基づいて離婚届を出せば、原則的に受理され、法的に離婚が認められます。また裁判離婚時には、上記のどれに当てはまる場合でも、客観的に見て婚姻が継続できなくもないというケースでは、請求が棄却されることもあります。

離婚問題を扱う法律事務所のご紹介

横浜で離婚に詳しい弁護士

離婚の相談ができる横浜の弁護士をお探しの方へ

離婚・男女問題について300を超える基礎知識を掲載しています。
初回1時間の法律相談無料女性弁護士在籍
横浜離婚の弁護士に無料法律相談(http://www.kanagawa-rikon.com/)

  • Pocket
  • LINEで送る