離婚した後、苗字はどうなるのでしょうか?

  • Pocket
  • LINEで送る

参照元: 横浜で離婚の相談ができる弁護士 初回法律相談無料

離婚届を持つ人

現在は夫婦別姓の新制度導入についても考慮が重ねられているようですが、既存の法律では、夫婦は婚姻時、夫、あるいは妻の苗字のどちらかを選んで称することになります。

そして、結婚したときに苗字を改めなかった人(多くの場合は男性側です)は、離婚後も苗字は変わりません。これまで通りの苗字を名乗って、生活していくことになります。

一方で、婚姻時に苗字が変わった人(多くの場合は女性側ですね)は、原則、離婚したときには、元の苗字(旧姓)に戻ることになります。これを「復氏」と言います。

とはいえ、「復氏」は法的に強制されるものではありません。夫婦関係を解消後も婚姻時の苗字を名乗って生活していきたいという場合には、そのように役所に申し出れば認められます。

戸籍法上の「離婚の際に称していた氏を称する旨の届」を、各市区町村の役場に提出するだけで、手続きも簡単。ただし、届が受け入れられるのは、原則として離婚の日から3カ月以内です。「復氏」と対するかたちで、これは「婚氏続称制度」と言われます。

つまり、婚姻によって変わった苗字を離婚時に戻すか戻さないか、これは自由に選べるのです。子どもの苗字についても、離婚時には必ず変更しなければいけないというわけでもありません。両親が婚姻時の苗字をそのまま名乗ることができます。
ただし母親が親権者となり、旧姓に戻った場合は、母子で苗字が異なるという状況も生まれます。そのあたりの調整をどうするかについても、離婚協議中には話し合わなければなりません。

横浜で離婚に詳しい弁護士

離婚の相談ができる横浜の弁護士をお探しの方へ

離婚・男女問題について300を超える基礎知識を掲載しています。
初回1時間の法律相談無料女性弁護士在籍
無料法律相談の詳細を見る(http://www.kanagawa-rikon.com/)

  • Pocket
  • LINEで送る