保険会社の方で金額を提示されたのですが、予想していた金額よりあまりに低いもので驚きました。保険金額が低いのは当たり前なのでしょうか。もしもわざと低い保険金額を提示してくるのであれば、何か理由のようなものがあるのでしょうか。

  • Pocket
  • LINEで送る

参照元: 千葉県の弁護士に法律相談 みどり総合法律事務所

電卓を使う

保険会社は慣行として通常より低い金額を提示してくることが多いです。そもそも本来支払われるべき正当な保険金額というのは、裁判所基準によって決められるべきものです。

裁判所基準というのは、過去の数多の交通事故の裁判を元に、弁護士によって編纂された「民事交通事故訴訟損害賠償額算定基準(通称:赤い本)」などの文献にまとめられた基準です。そのため、裁判所基準は弁護士基準とも言われています。
これに対し、保険会社の方では任意保険基準という独自の基準を作り、これを元にして被害者に示談金を提示しています。この任意保険基準については、裁判所基準のような判例に基づく根拠はありません。そのうえ、任意保険基準による保険金額は、裁判所基準よりも非常に低いものとなっています。保険会社にとっても少ない金額で示談を済ませたいという事情がありますし、裁判所基準自体は法律によって定められたものではないので、これより低い基準を元にして保険金額を提示すること自体は違法ではありません。

とは言え、その事実を知らないために本来もらえるはずだった金額より大幅に低い金額を提示され、合意している人が多いのが現状です。このような任意保険基準により低い金額を提示された場合の対処法としては、まずにその提示案に合意しないことが大切です。そして、裁判等で簡単に金額を引き上げることが可能であることも認識してください。また、裁判まで行かなくとも弁護士をつけて交渉すれば、比較的容易に金額を引き上げることが可能になります。特に弁護士費用特約に加入している場合には弁護士費用は無料なので、まず弁護士に相談することが適切でしょう。

千葉で弁護士をお探しなら みどり総合法律事務所

千葉の皆さまの一番身近な法律事務所を目指して
【みどり総合法律事務所】

民事事件全般から家事事件、刑事事件に至る法律問題全般を取り扱っております。
夜間・土日祝対応|債務整理に関しては初回法律相談無料
無料法律相談の詳細を見る(http://www.midorisogo-law.com/)

  • Pocket
  • LINEで送る