民事調停とはそもそもどんなものなのでしょうか。個人で示談交渉するよりは良い結果を期待できるでしょうか。

法律の相談風景

ご紹介: 交通事故の無料法律相談ができる弁護士 川崎あすか法律事務所

民事調停というのは、被害者と加害者双方の話し合いが上手くまとまらない場合に、裁判所の調停官が間に入ってもらうことで示談内容をまとめるための制度です。

続きを読む

保険会社の方で金額を提示されたのですが、予想していた金額よりあまりに低いもので驚きました。もしもわざと低い保険金額を提示してくるのであれば、何か理由のようなものがあるのでしょうか。

電卓を使う

保険会社は慣行として通常より低い金額を提示してくることが多いです。そもそも本来支払われるべき正当な保険金額というのは、裁判所基準によって決められるべきものです。

続きを読む

交通事故により車両の修理期間中はやむを得ず休業することになりましたが、これに対して加害者に賠償請求をすることは可能でしょうか。

渋滞

タクシー運転手や運送ドライバーの職務に従事している人が交通事故の被害者となり、営業に使う車両を失うか、あるいは一定期間使用できないような状態になってしまった場合、その間に生じた営業上の損失について加害者に請求することが可能です。

続きを読む

後遺症というのは具体的にどんなものがあるのでしょうか。また後遺症が残った場合にはどのような手続きが必要になるのでしょうか。

事故の流れ

後遺症もとい後遺障害というのは、「傷害の治療効果に更なる改善が期待し得ない状態になったときに残存する、当該傷害と相当因果関係を有し、かつ将来においても回復が困難と見込まれる障害であって、その存在が医学的に認められるもの」と定められています。

続きを読む